HOME >>

進化し続けるダンボール梱包へようこそ!

進化し続けるダンボール梱包へアクセスしていただき、ありがとうございます。

進化し続けるダンボール梱包

あらゆるモノは、製造した段階から、そのモノを運ぶ段階、すなわち流通段階を経て我々の手元に届きます。

流通段階においてはダンボールなどの梱包材によって保護されています。

農家で作られた米や野菜も収穫の後、ダンボールなどで梱包されたあと、様々な流通経路を通って、商店やスーパーに並び、私たちの手元に届きます。 これは我々の手元に届くような商品だけでなく、例えば、車の部品のような商品でも同じです。

部品製造工場で作られた様々な部品は、同様にダンボールなどの梱包材に入った状態で、自動車メーカーの組立工場に届きます。時には、海外の工場から海を越えて日本の工場に届く場合もあります。

船便で届く場合もあれば、航空便でほんのわずかな部品が届けられる場合もあるでしょう。いずれにしてもモノや商品を運ぶときには、それらをそのまま運ぶことはできません。必ず梱包が必要です。

もしも梱包材が無ければモノを運ぶのは大変です。梱包無しに米を100キロ運ばなければならないとしたら、その大変さはすぐに想像できるでしょう。

梱包には、様々な目的がありますが、そのモノがどのように扱われるかによって、様々に進化してきました。ここでは、進化し続ける梱包材とダンボールについてみていくことにしましょう。

進化し続けるダンボール梱包記事一覧

進化し続けるダンボール梱包

梱包材の進化

ダンボール梱包の進化

当HPについて

進化し続けるダンボール梱包へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。